週末を軽やかに過ごしたい・家事を減らす編。

洗濯機の中で暴れている女性

以前、だらしないまま週末を過ごすウツ感がひどいという記事を書きました。

関連:週末を軽やかに過ごしたい・ビギナーズ編。

この時に立てた対策が「部屋をきれいにしておく」です。お陰様で朝の15分片付けが習慣化しており、この頃よりは週末を気持ちよく過ごしています。

さて次なるターゲットは週末の家事の軽量化です。今回のお題は平日の洗濯です。

家事の義務感が週末を憂鬱にする


Photo credit: Boudewijn Berends via Visual Hunt / CC BY

平日フルタイムで働いているため、週末はやらなきゃいけない家事がたまっています。面倒くさがりといえど、ある程度の家事はやらないと暮らしに支障がでます。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃと脳内で騒ぐ一方、面倒くさい……平日頑張ってるんだから週末くらい休ませてくれ……という義務vs権利の争いが毎週繰り広げられています。結果、身体はダラダラしつつも心がザワザワし続け、休まってないんですけど!という状態。

どうせやらなきゃいけないんだから、さらっとやってしまえばいいんですけど。まぁこういう性格だから仕方がない、対策を練りましょうということで着手したのが機械に全てお任せしている洗濯でした。(残念ながら干すのは人力ですけど。)

平日にも洗濯をする

実は今まで洗濯は週末にしか行っていませんでした。だって一人暮らしですし量がそんなにあるわけでもないんですもの……。

ええ、会社の人に言ったらドン引きされましたよ。

だって平日5日間分の服は足りてるんだもの!と主張しましたが、おそらく一週間着たモノを置きっぱなしにしているのが……アレ……だったのかなと。どう思われたのか詳細は知らない方がいい気がしてそっとしてあります。

あと晴れた日に外干ししたいというのも、週末のみの理由でした。

平日だと仕事から帰るまで服を取り込めません。真っ暗になるまで洗濯物を外に出しておくことになります。

夜干しがあんまり好きではなくて、それを避けるとなると平日の洗濯は部屋干し一択になってしまいます。

せっかく洗濯したのなら部屋干しより外でカラッと乾かしたいじゃないですか~。

洗濯は平日に一度、週末に一度を基本とする

とりあえずそんな御託は置いておいて、一度週の真ん中水曜日に洗濯をしてみたのです。

べ、別に会社の人にドン引きされたことを気にしたわけじゃないですよ!?自分の週末ライフがどう変わるか試してみたかっただけですからね!?

一人暮らしの約3日分の量です。布巾やタオルなどを追加したって余裕の量。干すのもあっという間、5分くらいでできちゃいました。

そしてその後の週末。また約3日分の量ですから、面倒くさがる暇もないくらい楽でした。

洗濯する日を増やしてよかったこと

一週間まとめて洗っていた頃よりはるかに楽になりました。一人分といえど、意外と干す作業が面倒くさかったんだなと。

あと週末は寝具系も洗濯したいところですよね。寝ている間にたくさんの汗をかくのだから、むしろ毎日洗った方がいいとまで言われているのも見たことがあります。

でも……実はその……これまたアレで申し訳ありませんが、今までは一週間分の服で手一杯で、やる気がでれば服の日にシーツなども洗濯しましたが、そうじゃないと……ね……

……ですが、それも過去の話!

今は違います!!

平日に一度洗濯を行うことで、土曜日の洗濯量がぐっと減りました。

結果、服と寝具を一緒に洗う余裕ができましたし、さらに一度の洗濯の労力が軽量化したせいなのか、前より洗濯をすることへのハードルが下がったんです。

土曜日一日だけで服と寝具などの大物、両方を片づけてもいいけど、土曜日に服、日曜日に大物と二日に分けても、気軽に取り組めるようになったんです。前は土曜日の洗濯だけで疲れちゃって、次の日、日曜日にも洗濯することが面倒くさくて仕方なかったのに。

ほんのちょっと前まで、あーそろそろ寝具洗わないと人としてヤバい、仕方ないからやるか、というレベルだったのに。

成長したものです。

ひとつの家事の負担を減らすと腰が軽くなる

平日一度洗濯をする習慣を取り入れただけで、週末の洗濯が身軽にできるようになりました。やるべきことのひとつをさらりとできるようになったので、最近の週末はのびのび休んでいます。

話はそれますが、実家にいた頃少しの間だけ洗濯担当大臣だったことがあります。家族の洗濯当番です。

毎日洗濯が基本で一日でもためるととんでもない量になったものでした。あの頃もこまめにやるのが大事だなぁと思ったのにね。歴史は繰り返します。

それはさておき。

週末を心地よく過ごすために、次は何をどうしましょうか。掃除について考える?それとも理想の過ごし方を考える?

この先もゆっくりゆっくりだと思いますが、こんなふうに試行錯誤していくのはなかなか楽しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA