海外遠距離恋愛は寂しいだけじゃない。経験者がいい点悪い点を語ってみる。

海を見つめる一人の女性

彼氏が突然海外へ行くことになったら、あなたはどうしますか?

ドラマや漫画で、たまに見かけるこの状況。

他人事としてみていたこのシチュエーションが、ある日自分にも降りかかることになりました。海外遠距離恋愛。

 

今の夫とは、

・つき合っているとき

・入籍してから

どちらの状態でも日本ーカナダの遠距離を経験しました。

 

転勤ではなく、夫(彼氏)の意思でのカナダ行きだったので、その形はイレギュラーなもの。

半年から1年スパンの遠距離期間がこれまでのつき合いの中で、4回はありました。

おかげさまで、時差のある遠距離恋愛(夫婦)にはだいぶ慣れました。結婚式の準備もほぼ一人でやりましたし…(遠い目)

 

この記事では、海外遠距離恋愛は寂しいし会えないことがつらい時もあるけど、意外といい点もあるよというお話をします。

実際やってみて、長続きさせるのに一番大切なのはお互いに関係を続ける努力をするというごく当たり前の結論も得ましたので、それについても書きました。

 

突然、彼氏と海外遠距離恋愛になりそうなあなた、大丈夫です。

今はメールもスカイプもあるので、不安かもしれませんが、意外となんとかなりますよ! 彼と離れている時間を乗り越えられますように。

 

海外遠距離恋愛のつらいところは時差と距離

いろんな国の時間

海外遠距離恋愛特有のしんどいポイントは時差です。

時差がなにかと立ちふさがる

敵はとにかく時差です。

1.昼と夜が真逆のため、平日は電話できない

日本と夫がいた(そして今私たちが暮らしている)カナダ東部との時差は12時間(計算しやすい)

ちょうど昼と夜が逆なんですよ。

当時の私が会社から帰宅する時間、夜7時はカナダ東部の朝7時。夫はちょうど学校へ向かっている時間。

(夫は当時カナダのスクールに通っていて、始まる時間もやたら早かったのです)

反対に夫がくつろぐ夜10時だと、私が仕事真っただ中の朝10時。

……電話(スカイプ)できない!!

 

平日はまず無理でしたね。お互い仕事や学校がありますから。

緊急に話したいときは、朝の始業前に会社の廊下で10分くらい話したり、お昼休みをつかったり、隙間時間を活用していました。

 

じっくり話ができるのは週末です。

2.リアルタイムで連絡を取れないのが普通

あらかじめ約束しておかないと、急に電話をしてもつながらないのがほとんどです。

昼夜が逆ですからね。これは平日休日問わずです。

日曜の昼下がりに急に声が聞きたくなって、電話をしても12時、1時くらいならつながるかもしれませんが、午後2時だとカナダは深夜の2時なので夫は寝ちゃってます。

 

私たちの場合は、週末に一度スカイプで話をするのが暗黙の了解でした。ただお互いの予定もあるので、さらに細かいこと、

・土曜か日曜か

・時間帯は

といったことは、週末が近づいてくると毎回事前にメールで確認するようにしていました。

そうなんです。いつスカイプをするか、時間も決めておかないと、難しいんです。

 

「じゃあ日本の日曜朝の10時、そっちの土曜の夜10時ね」と、確認する際は、どちらの国の何時というのは、毎回ちゃんと書くようにしていました。

本当に、このメールの事前の約束が命綱でしたから。

一度タイミングを逃すともう次の週末まで話せなくなることが多かったですからね。

 

うちの夫はメール(やライン)のやり取りがあまり好きではなかったので、尚更スカイプ命、アポイントメント命でした。

連絡手段がメール主体だったら時差もあんまり影響しないんですけどね~。

などと言いつつ、やはり声がきけるというのは大きな違いです。

会うには飛行機必須。お金も時間もかかる

会いたいときにすぐ会えないのが遠距離恋愛の宿命です。

それに加えて、海外だと海を越えなきゃいけません。飛行機必須!

1.移動に時間がかかる

私たちの場合は飛行機だけで14時間以上かかるような距離でした。(しかも日本との直通便もない)

ドアツードアだと丸一日かかります。

週末にちょこっと会うというのは現実的ではありません。

彼に会いに行くには会社の有給休暇をとることが不可欠でした。

 

2.飛行機代が高い

そして旅費! 宿泊費用は彼のところに泊めてもらうからいいとしても、飛行機代は発生します。

日本ーカナダ東部の往復はだいたい15万円はかかります。

私が12月に会いに行ったときはいろいろさがしましたが、時期が悪く25万円くらいかかりましたよ。

 

12月がお高いのは知っていたのですが、

・自分の有給休暇

・彼のスクールがお休みにはいる期間

などの兼ね合いでどうしてもそのタイミングになってしまったのです。

 

飛行機を予約する際はスカイスキャナーにお世話になることが多いです。

いろんな航空会社や検索サイトを一括で検索できるので楽ですよ。

 

海外遠距離恋愛のいいところ

いちゃつく男女

寂しい・大変といいながら、いいところももちろんあります。

些細なことで幸せを感じる

1.声を聞けるだけでうれしい

時差の関係で、実際に話すことすらハードルが高いので、声を聞けるだけで、とっても幸せな気持ちになります。

実りのある会話なんてしなくても、

「なにー?」

「なんでもないー」

程度で嬉しさがすごいです。すぐに声が返ってくる「近くにいる感」が嬉しいんですよね。

2.たまにくるネタメールすらうれしい

メール苦手勢の夫ですが、たまにしょうもないメールを送ってくるんです。

しょうもないメールというのは、某掲示板のまとめサイトの記事とか、眉唾すぎなひどいオカルトネタとか。

そばにいないのが日常なので、小さなものでも彼からの声・アクションがあるとすごくうれしいんですよ。さっきから語彙力なすぎですが。うれしくて幸せになるんです。

3.会えるなんて贅沢すぎるしスペシャルすぎる

実際に会えるのが半年に一度、年に一度だったりするので、会えるだけでニヤニヤが止まりません。

「存在してたー!!」

「顔ー!!」

「肩幅ー!!」

みたいな語彙力ゼロの感動が沸き上がります。会えるのが特別すぎるんです。ものすっごくうれしいです。

あ、私たちの場合スカイプのビデオ通話を使っていなかったので、余計顔をみれたことへの感動が強かったのでしょうね。

(ビデオ通話を使っていなかったのは、だいたい寝起きだったし布団で寝ながらだったり部屋が汚かったりしたから……です…。夫から言われたこともなかったので、彼も興味なかったんだと思います)

 

彼に関する幸福度のハードルが下がりまくるので、より彼のこと好きに思えます。大切に思えますよ。

遠すぎ高すぎで、かえって悟りが開ける

海外遠距離恋愛は圧倒的に「遠い」です。

会うためには有給休暇も必要となるレベルだと、

・年に一度

・どうしても帰国しなければならない状況(ビザなどの都合で)

にでもならない限り、会えなくても仕方がないとかえって開き直れます。

 

国内遠距離恋愛だと、遠いんだけど、なんとか週末に行ける…かもとなり、

「会おうと思えば会えるのに…でも…」

気持ちだけで会えればいいけど、現実的にはお金もかかります。

東京ー大阪の新幹線は往復で2万6千円。決して安くはありません。

 

会いたい気持ちとお金のはざまで悩むよりは海外遠距離は気楽です。

だって会いたいけど物理的に無理だから仕方ないですし。

遠すぎるとあきらめもついて逆に穏やかでいられますよ。

自分の好きなことに没頭できる

彼とデートをする時間がなくなるので、自分の好きなことに全力を注げます。

というか、むしろ注いだ方がいいです。暇すぎると寂しくなるかもしれません。

 

私の趣味の一つに宝塚があるのですが、彼がカナダに行った後にすっぽりドはまりしました。

彼とデートしていた時間がそのまま宝塚観劇に置き換わりましたね。

思い返してもタイミングばっちりで笑ってしまいます。なんだかんだ彼と離れて寂しかったのかもしれませんね。

海外遠距離恋愛を続ける為に一番大切なこと

手を合わせてハートを作る夫婦

2人の関係を続ける最大のコツは、お互いに関係を続ける努力をするということです。

これにつきます。

いや当たり前じゃない? と思いますよね。

私も自分が海外遠距離をする前に、経験者に同じことを言われ、それ普通のことじゃないと思ったんです。

でも違ったんです。普通じゃなかった。というか普通じゃ足りないんです。

 

近くで暮らしていると、なんとなく会う日が決まっていたり、ケンカをしてもすぐに顔を見て話ができます。

繋がりやすいんですよね。

でも海外遠距離だと、お互いに意識的に時間を合わせなければ電話をすることもできません。時差があるので、自分だけのペースで暮らしていると、相手の暮らしの時間と全然合わないんです。

100パーセントは無理でも、お互いに少しずつでも歩み寄ろうとしないと話すこともできないんです。

 

先ほどから言っていますが、時差が真逆の都合上、平日にスカイプすることは難しかったです。

でもどうしても今話す必要があるとなったら、少し早めに出勤して、始業までの時間をスカイプしたり、正直眠いけど、少し頑張って起きていたり。

週末になにか予定が入るにしても、時間をずらせるのであれば、彼とのスカイプタイムを考慮して予定を入れたり。

 

「彼の声が聞けるスカイプで話をする時間」を大切な予定の一つとして、優先度高く調整しないと、あっという間につながりが切れます。

入籍してからならまだいいですが、つき合っている状態ならば余計に努力しないと、切れるのは本当に簡単です。

私も(籍を入れてからではありましたが)宝塚を優先しすぎて(ひどい)、3週間近く彼と話ができていなかったときはさすがに焦り、反省しました。

お互いにつながり続ける努力をしないと、簡単に途切れるんです。

 

お互いを思っていれば遠距離だって大丈夫というのは、きれいごとです。

時には自分の予定をまげてでも、無理をしてでも、彼と話すという予定を守らないとダメです。

あ、あんまり彼ばかり優先しすぎると友人関係などもあるかと思いますので、バランスとってくださいね。

おわりに

海外遠距離恋愛では、確かに彼に会うことができなくなります。

寂しい時もありますし、なんでわざわざこんな面倒な恋をしているんだろうと思うこともありました。

でもその分、たまに会える時がとんでもなく幸せな気持ちになります。

そしてお互いに歩み寄って関係を続けていけば、いつか必ずまた一緒にいられますから。

最初は寂しいと思います。当たり前です、ずっとそばにいたんだから。

でもどうか、そのいつかまた一緒に暮らせる日に後悔しないよう、一人の時間も大切に過ごしてくださいね。

最後の最後に、身もふたもない補足

最後にぶっちゃけてしまいますと、海外遠距離恋愛を一番楽に乗り越えられる方法は、入籍することです。

今の夫とは入籍前も後も、どちらも海外遠距離の期間がありましたが、籍をいれてからの安心感はすごかったですね。

  • いつまでこの遠距離恋愛が続くのか
  • さんざん待ったとしても、私と籍を入れる気はあるのか

このあたりの不安が解消されたからだと思います。

一緒に暮らせないのに籍を入れる意味あるの? と思ったこともありましたが、入籍ってずっと一緒にいるという約束を目に見える形にしたものなんだなと感じました。

(離婚もできますけど、今回はそれは置いておいてください)

同じ遠距離でも恋人時代よりはるかに心が楽になったものです。

だから、本当は一番いいのは籍を入れちゃうことです。指輪があるだけでお守りになりますよ。

(ただ、相手がいることなのですんなり進められるかは…私もほとんど無理やり籍をいれたようなものですし…←)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA