小さなことを整えると、気持ちがしゃんとする。

白いテーブルのコーヒー

おはようございます。イシノサヤ(@yuruhibi)です。

なんにもできなくて、自己嫌悪になることってありませんか。ちゃんとしたいのにやる気が出ない。動けない。

私はそういうのが頻繁にある人間なんです……。

でも30秒くらい、場合によっては5秒くらいで終わるようなことでも、少し何かを整えるだけで心が少し上を向くことがありました。

小さなことが意外と自分を支えてくれるんだなーというお話です。

小さなことを整えるススメ

きちんと整えたハンドタオル

動けなくても、できること。

タオルの角をそろえるとか、ハンドソープの向きをまっすぐにするとか。そういう些細なことでも、整えると気持ちが明るくなります。

ねじれている配線をまっすぐにしてみたり、目についた床に落ちている髪の毛一本をひろってみたり。

30秒でできるような簡単なことでも、あ、と思ったことを直すとすっきりするんですよね。

 

そういう些細なんだけど、気になることって見て見ぬふりをしがちでした。

でも、目に入るたびに気になるんですよね。だったらさくっと行動してしまった方がいい。30秒もかかりませんし。

そして、なぜかその小さな行動は、自分の気持ちにも作用してくることに気がつきました。

1つだけでいいんです。ちらっと頭をよぎった些細なことを少しだけでもやってみませんか。

掃除機をかけるのは面倒でも、落ちている髪の毛を一本ひろうくらいならなんとかできそうです。

洗面所を掃除するのはハードル高くても、タオルの裾をそろえるのは簡単です。

その行動一つだけでも、気持ちが少しすっきりしますよ。

行動している自分ってえらい

いい笑顔の女性

小さなことを整えると気持ちがすっきりするのは、行動しているからです。

場を整えている自分 = 暮らしを自分好みにするために行動している自分、

です。

洗剤の向きを整えたら、自分をほめてあげてくださいね。だって、なんにもしないよりはなにかしています。

行動しているから、清々しい気持ちになるんです。

一人暮らし時代は日曜夕方によく憂鬱になっていました。それって「明日から仕事」ということより、土日を何もせず過ごしてしまった罪悪感が強かったんですよね、私。(もちろん、明日から仕事なのも憂鬱でしたが)

(金曜の夜から、私何もしてないじゃん……)の自己嫌悪ってもう、最悪です。

ああもういやだなーと、お酒に逃げることもしばしばでした。

そうそう、料理をするのも当然面倒で、おつまみもまとめてコンビニ調達ですよ。

そんな時、洗面所やお手洗いのタオルを整えておいたら、それを見た時に思い出すんです。

そういえば、私、ここを整えたんだったって。

なんにもしてなくないですよね。

そしてタオルの裾を整えるような、5秒でできることなら、お酒を飲んでいてもできるのがいいところ。

床に落ちている本を、そっと本棚に戻すとか、転がっている空のペットボトルをゴミ箱に入れるとか。

そのほんのちょっとの行動が、「ちゃんとした暮らし」に近づけている行動なんです。そしてその行動を起こしたのは自分です。

なんにもしてなくなんかない。自分をほめていいくらいです。

 

動きたいけど、どうしても動けない時は、

  • 5秒だけ
  • 一つだけ

なにかを整えてみてくださいね。

おわりに

ひとつひとつ。少しずつ。

私の好きな言葉です。面倒くさがりな完璧主義なので、考えていると行動ができません。

そんな自分が嫌になることが何度もありました。今も、放っておくとそうです。

関連:【自戒】ブログ初心者は行動するしかない。書けないを乗り越える4つのコツ!

だから小さなことを、5秒でもいいから、一つだけでも、整えてみる。行動してみることをお勧めします。

1つ、この本一冊片づけるだけ、となれば意外と動けますから。

そのまま次の行動につながったら、それでいいですし、一つで終わったら、それはそれで「一つ」整えたわけですから。

そう自分に言い聞かして、緩くのんびり少しずつ。

自分の暮らしを好きになることを積み上げていきたいなと思っています。

 

ミニマルな暮らしに興味のある方はこちらも参考になります(日本ブログ村)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

すっきり暮らす

シンプルライフ
収納・片付け

ブログランキングに参加しています。
もしよかったらクリックしていただけるとうれしいです。
     ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA