片付けの始め方。床にモノがない部屋を目指して。

ガムとかたくさんのカラフルなおもちゃ

ガムとかたくさんのカラフルなおもちゃ

このブログを始めた一番の理由は、記録することで自分の生活を整えていけたらいいなと思ったからです。

今回は整えたいランキング第一位の、部屋の片づけの最初の一歩について考えたいと思います。

 

部屋を見回すといつも通りちらかっております。

床にはピザのデリバリーのチラシや雑誌、図書館から借りている本、箱ティッシュ、洗濯ものなどが散乱しています。

一方でこの文字を打っているテーブルの上には、さっき飲んだコーヒーカップや、化粧水、ボールペン、付箋や本など。

小さなテーブルなので、ノートパソコンがテーブルの淵からはみ出ている有様です。

 

まずは床にモノが落ちていない部屋を目指します。そのための小さな習慣を考えてみました。

散らかった部屋の弊害

不機嫌そうな猫

小さな頃から勉強机はもので溢れていたし、引き出しもタンスも使いこなせないタイプでした。

「片付けられない女」とは思いたくありませんが、振り返るといつの時代も散らかっていたので、そうなのかもしれません。

 

散らかった部屋のなにが嫌かって、やる気がなくなることです。

なにをするにしてもモノに妨げられ、一瞬、無意識レベルのイライラが発生します。

 

私の場合、散らかっている上に片付けの基礎である「モノの定位置」も定まっていません。

いまからトイレに行こうとしたら、周りに散乱している本や転がっているペットボトルをよけて、パソコンの線を跨がなきゃいけません(そしてその線に引っ掛かるという)

イライラします!

面倒くさがりでも続けられる小さなこと

爽やかな青空に伸ばした手袋の手

家大好きひきこもり万歳人間なのだから、まずはこの本拠地をすっきりさせることから始めたい。

三日坊主未満の人間なので、ハードルは低めに設定します。

参考:三日坊主が考えた、ブログを習慣化するためのたった一つの目標。【小さな習慣を読んで】

 

とりあえず、

①一日10分片付けをする。時間で区切る
②一週間続ける
③急な用事が入ったなど、難しかったら5分でも可(とにかく続けること優先)
④できたら手帳に○をする

で、やってみます。

 

甘すぎ! かもしれませんが、本当に続かない人間なんですよ!

これくらい至れり尽くせりじゃないとほんっと厳しいんです!(大声でいうことでもないですね)

来週ちゃんと振り返れるよう、頑張ってみます。

 

振り返りました。

床にモノはまだありますが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA