【食事編】バンクーバー一人旅で食べたもの。エッグベネディクトや魚介のリゾット。

ハムのエッグベネディクト

カラフルな傘のある風景

先日バンクーバー一人旅をしてきました。

関連:バンクーバー一人旅。便利な立地のハワードジョンソンホテル。

 

一人旅で一番勇気を振り絞るのは食事。

ネットで事前に調べるものの、実際にお店までいくと妙にムーディーだったり、わいわい盛り上がっていたりするとしり込みしてしまいます。

口コミも「一人で行ったけど大丈夫でしたよ!」というのはあまりないですし。

 

この記事では、私が実際に一人で食事したお店・料理をまとめてみました。

小心者なので、テイクアウト多めになっちゃいましたが、バンクーバー一人旅を考えている方の参考になったらうれしいです!

 

※本記事は2018年6月時点での情報です。

※記載の金額はTax込みだったり、抜きだったりします。参考程度にみていただけるとありがたいです。

※金額・場所の記載がないものは只今レシート発掘中です。汗

見つけ次第アップデートしていきます。

一日目:初日の夜はスーパーのお惣菜

バンクーバーのスーパー

バンクーバーに到着したのは夜の7時30分ごろ。

夏のカナダは日が長く、夜10時近くまで明るいんですよ。

 

外は明るいものの、飛行機での長旅に疲れたためテイクアウト一択。

予習なしできたので、とりあえずなんでもいいやとホテル近くのスーパーでお惣菜を買いこみました。

 

写真ないのですが、ラザニアとポテトと、やたら辛くて味の濃いチキンのデリです。

日本のお惣菜ってレベル高いよなぁとしみじみした夕食でした(←失礼)

ホテルから徒歩5分くらいの場所にあるスーパーです。

 

ホテルについてはこちらにまとめています。

関連:バンクーバー一人旅。便利な立地のハワードジョンソンホテル。

 

デリ:5.99ドル
コーラ:2.39ドル
大きいミネラルウォーター:2.50ドル

 

CHOICE

1202 Richards Street Vancouver, BC

二日目:初めてのバンクーバー一人レストラン

朝ごはん:ダウンタウンのカフェでクレープ

バンクーバーのカフェ

 

朝食なしのホテルだったので、ダウンタウンをぶらりとして、目についた普通のカフェにはいりました。

ごく普通のチェーン店ですね。しかも調べてみたら、アメリカメインっぽい。

 

ホットコーヒーとクレープ

 

ホットコーヒーとクレープ。中身はほうれん草とチーズと卵。

ごくごく普通においしかったです。平日だったからか、お客さんも少なく、窓際の席でのんびりと頂きました。

 

ほうれん草とたまごのクレープ

コーヒー Small:2.25ドル
クレープ(ほうれん草・チーズ・たまご):7.65ドル
Tax:0.50ドル

Nestle Toll House Cafe

980 Howe St #101, Vancouver, BC

 

昼ごはん:スタンレーパークの近くのレストランでリゾット

スタンレーパークのバス看板

二日目はスタンレーパークへ行きました。

パーク内のレストランでお昼にしたかったのですが、見つけたお店がグリルのお肉系で断念。

バンクーバーはシーフードがおいしいと聞いていたので、どうしても魚系が食べたかったのです。

 

スタンレーパークを出て、

・一人でも入れそう

・おいしそう

・魚料理がたべられそう

な、お店を求めてにぎやかな通りを歩いていると、テラス席で上品な雰囲気のおばあさんが本を片手に一人で食事をしているレストランを発見しました!

 

カフェはともかく、レストランで女性一人のお客さんって珍しい。

これはいけるかも! と突撃。

 

スタンレーパークでサイクリングを頑張りすぎたため、15時過ぎの来店になり、店内にお客さんは少なかったです。

驚いたことに、おばあさんのほかのお客さんも女性一人ごはんでした。しかも with ワインですよ! 仲間ー! と勝手に心の中で盛り上がりましたよ。

 

メニューが字ばかりで読む気がしなかったので、店員さんに飲みやすいビールとシーフードが食べたいんだけどと相談。

これとこれとこれはシーフードだよ、といくつか教えてくれた中で、ロブスターがうんぬんかんぬんで(ちょっと何言っているかわからなかったんです)、エビがのっているリゾットを注文しました。

 

バンクーバーで飲んだビール

すすめてくれたビール。

Peroni(ペローニ)飲みやすくておいしかったですが、イタリアのビールだそう。おいしかったから、まぁいっか。イタリアンのお店ですし。

暑い日のビール最高です。

 

バンクーバーのシーフードリゾット

このリゾットおいしかったです。

魚介の(多分ロブスターも)出汁が効いていて味がおいしい。エビも大きくてプリプリしていて食べ応えもありました。

 

先客のお姉さんが白ワインをおかわりしているの横目で見つつ、リゾットに没頭しました。ワインも飲みたかったなぁ……。

一人でも居心地のいいレストランでした。

 

ホームページ見たら、すごくおしゃれな感じで敷居高そうなんですが、全然そんなことなかったですよ。

店員さんもフレンドリーでしたし、リゾットもビールもおいしかったです。

 

リゾット&ビール:34.20ドル

(詳細なレシートが見当たらず、まとめての金額)

Centro Ristorante

1037 Denman St Vancouver, BC

 

おやつ:ダウンタウンでおいしいジュース

おいしいジュースの看板

遅いお昼だったので、この日はダウンタウンでジュースを飲んでおしまい。

スカイトレインのYaletown-Roundhouse駅の近く。

このお店は「茶」のお店のようで、お茶っぱがたくさんありました。中国茶的な。

 

バンクーバーで飲んだジュース

私が頼んだのはフルーツティーの「グレープフルーツグリーンティースプラッシュ」というもの。

グレープフルーツの実がゴロゴロ入っていました。

グリーンティーといっても日本の緑茶とは違う感じで、やっぱり中国のお茶だと思います。

グレープフルーツといい感じのあんばいで、酸っぱすぎず、甘すぎず。お茶効果なのかさっぱりとした甘さでちょうどよかったです。

 

バンクーバーの気候もすっかり夏だったので、爽やかだったなぁ。

 

Fruit Tea: Grapefruit Green Tea Splash:6.5ドル + tax

CHA LE

1207 Hamilton Street, Vancouver

三日目:初めてのエッグベネディクト

朝ごはん:三回お世話になったホテル併設のスポーツバー

ホテル併設のスポーツバー

ホテル併設のレストランは、スポーツバーなんだけど、朝からやっていて朝食メニューもあるとのこと。

ホットコーヒーとエッグベネディクトを食べました。

このお店には計3回お世話になりました。全部朝食です。

サーモンエッグベネディクト

ウェストコーストエッグベネディクト。

サーモンが入っています。おいしかったー。

 

ハムのエッグベネディクト

クラシックエッグベネディクトはサーモンではなくハムがはいっています。

エッグベネディクト自体、自分では絶対絶対作らないので(面倒)、楽しくいただきました。そしてたぶん初めてたべます。

とろりとでてくる黄身が最高です!

 

ただ最終日がとても残念だったんですよ。

その日はたまたまワールドカップの日本vsセネガル戦。試合の時間もバンクーバータイムのちょうど午前中だったんですね。

なんにも知らずに行ったら、いつもスカスカだったそのスポーツバーが日本人でいっぱいで!

そのたくさんのお客さんで忙しかったせいかわかりませんが、その日のエッグベネディクトが最悪だったんです!!

卵固まっちゃってるし、カラが思いっきり入ってるし!

 

他の日はとってもおいしかったのになあ。最後の最後でこれなんてと悲しくなりつつ。

となりの席のバンクーバー在住らしい日本人女性の会話に聞き耳を立てたりしていました。

みんないろいろなことがあって、今ここにいるんだなぁそうだよなぁと勝手にしみじみ。人生いろいろですな。

 

コーヒー:3.18ドル
west coast benedict:10.69ドル
Classic Eggs Benedict:10.49ドル

Wings Granville

1162 Granville Street Vancouver

昼ごはん:グランビルアイランドでスープ

バンクーバーグランビルアイランド

当初バスで行こうと思っていたグランビルアイランド。意外と歩ける? ということでてくてくと。

 

グランビルアイランドはファーマーズマーケット的なところです。おいしそうなハムやチーズ、野菜などが売っているし、その場で食べられるピザやカレー、ドーナッツなどもありました。

グランビルアイランドスープ屋さん

気分的にスープが食べたくてこのお店。

スープのほかに、スープの素がいろいろ売られていました。

私がチョイスしたのはこれ。

グランビルアイランドのチキンスープ

チキンのスープとハーブのようなものが練りこまれたパン。

パクチー風味? で少しスパイシー。チキンが食べ応えあり。

なぜだか蓋がめちゃめちゃかたくてあけるの3分くらいかかりました。中身熱いので気をつけてくださいね!

 

チキンサルサverde 5.75ドル (パン付き)

The Stock Market

1689 Johnston St. Vancouver

夜ごはん:すしロールが食べたくて、日本食レストランへ

日本食レストラン自然屋

なんでわざわざって思いますよね?

カナダにいる間にどうしてもカナディアンロール寿司が食べたかったのです! 

調べていってみたお店がダウンタウンにある自然や。

店員さんも日本人で、普通に日本語で接客していただきました。

 

バンクーバーの寿司ロール

Sakura Blossom Rollです。桜をイメージしているんですかね。

サーモンがのっかっています。

 

バンクーバー寿司ロールウナギ

Dragon Magic Rollです。うなぎとアボカドですね。うなぎロール大好きなんです。

 

全部おいしかったんです。味はとてもおいしかったんですけど、残念だったのが玄米ってこと。

それを売りにしているんだから残念がるのは筋違いなんですけどね。

白米でも玄米でもそんな変わんないでしょと思い、下調べの段階で玄米なのはわかりつつ行ってみましたが、やっぱりお寿司は白米だなぁと実感。

味や魚はおいしかったですよ! お味噌汁も。

 

一人だったのでロールの量をハーフサイズにしてくれました。

値段はフルサイズの半額より少し割高になりますが、おかげで2種類食べれたので満足です。

 

話がそれますが、バンクーバー(とその周辺)では健康志向が強いらしくって、白米は身体にあんまりよくないと思われているそう。バンクーバーの近くの都市ビクトリア在住の友人が言っていました。

だから玄米のお寿司が売りになるんでしょうね。

(友人が子供に白米のおにぎり持たせると、えーっていう反応をされるそう。いやいやパンよりよっぽど腹持ちもいいし身体にいいのに! と憤慨した私たちジャパニーズ)

 

Four winds saison(ビール):7.00ドル
Sakura Blossom Roll (5pc):8.45ドル
Dragon Magic Roll (5pc):7.95ドル
味噌汁:2.50ドル

自然や Shizenya (日本語のサイトです)

965 Hornby St., Vancouver

夜食:プーティンとビールをテイクアウト

バンクーバープーティンのお店

16時くらいに上記の自然やさんに突入したため、夜食の購入を決定。

ホテルのそばのお店でプーティンをGet。

プーティンはカナダ発祥の料理で、ポテトにグレイビーソースとチーズがたっぷりかかってるやつです!

 

カナダ名物のプーティン

もうね、カロリーとか考えちゃダメですよ。

こってりした味とやたら伸びるチーズとでおつまみに最適なんです。

前に夫がテイクアウトしてきたことがあって、おかずの一つとして食べたこともありますが、白米との相性も意外とばっちりでした!

 

そんなおつまみに最適なものをゲットしたのなら、こちらも忘れてはいけませんね。

 

バンクーバーの酒屋

リカーショップです。アルコール類が売られているお店です。

カナダは日本と違って、スーパーやコンビニでアルコールが販売されていないんですよね。

アルコールを買うには専門のリカーショップ・酒屋さんに行かないといけません。

 

これはカナダ国内どこの州もそうです。そして州ごとに酒屋さんの名前が違うんですよね。

バンクーバーではこのBC Liquor Storeというのが一番ポピュラーっぽいです。

 

(ネットで調べてみたら州で経営している酒屋さんのようですね…だから州によって酒屋さんの名前が違うんですね! たしかに私の住んでいる町の酒屋さんも名前に州名が入ってるわ…)

 

ダウンタウンではこのBC Liquor Store以外にも個人商店の酒屋さんもぼちぼち見かけました。

 

注意点としては、ビールのバラ売りがあまりないこと。泊まった部屋に冷蔵庫がなかったので、1本だけ買いたかったのですが、6本・8本セットばかり。

バラ売りになっていたのは1,2種類くらいで選択の余地がなかったのが残念でした。おいしかったのでよかったですけどね。

 

そしていまネットで検索していたらこんな酒屋さんも見つけました。いつかバンクーバーで冷蔵庫のある部屋に泊まったら行ってみたいですね。

参考:州最大の酒店、レガシー・リカー・ストアブリティッシュ・コロンビア州観光局

 

バンクーバーで買ったビール

プーティンとビールの晩酌セット

プーティン:10ドル

Stella Artois Tall Can (500m):3.19ドル(Tax込み)

 

プーティンのお店

Fritz European Fry House

718 Davie St. (at Granville) Vancouver

 

酒屋さん

BC Liquor Stores

1155 Bute Street Vancouver

四日目:フードコートとお菓子のお店

昼ごはん:ウォーターフロントのフードコート

バンクーバーのフードコート

ダウンタウンはフードコートも充実しているという情報を見つけていってみました。

参考:さくっとご飯&休憩に便利!ダウンタウンのフードコート8つLifeVancovuer カナダ・バンクーバー現地情報

 

レストラン入りづらい勢の私にぴったりです。

バンクーバーのギリシャ料理のお店

上記サイトで勧められていたギリシャ料理にしました。

ただ私はその隣の隣くらいにあったThai expressをおすすめしたいです……!!

バンクーバーのタイ料理のお店

このお店、数年前にカナダのモントリオールに旅行に行ったときに出会ったのですが、とってもおいしくてその旅行中だけで2,3回はリピートしました。

(濃いめの味つけのタイ料理でビールに合うんだこれまた)

このフードコート内でもマックの次(!)くらいに行列になっていましたよ。

 

などといいつつ、私が今回食べたのはギリシャ料理。

ギリシャ料理

ギリシャ料理

食べかけですみません。

今日のランチのチキンというメニューです。

これが結構ボリューミーでしたよ! チキンたっぷりで、朝ごはんが遅かったせいもあって食べきれませんでした……。

 

個人的にはこのギリシャ料理より、あっちのタイ料理の方がおいしかったなぁなんて思っちゃっています。

ずいぶん昔に食べたきりですので、美化しているかもしれませんが。

 

そもそも私、生野菜があまり好きじゃないので……タイのお店見たとき(あ!)って思ったんだけど、せっかくなら食べたことない方がいいかなって……

上記サイトでもおすすめされていたし……いやあの普通においしかったですよ!

ただ過去の記憶がね!

 

ウォーターフロントのフードコートに行かれた際にはタイのお店にもぜひ行ってみてくださいね。

 

Waterfront Centre(ウォーターフロントセンター)

200 Granville St, Vancouver

 

キッシュをテイクアウト

バンクーバーのケーキ屋さん

次の日ビクトリアの友人に会いに行く予定だったので、手土産を求めてケーキ屋さんに。

 

もっと計画的な訪問だったら、日本のものを買っていったんですけどね……夫とケンカした勢いの家出だったものですから……

バンクーバーのケーキ屋さん

 

バンクーバーのケーキ屋さん

結局ここでお土産に買ったのはクッキーです。

写真ありませんが。

 

ピーカンダークチョコパイ

本当はパイをお土産にと思ったのですが、4時間の移動ではきついかと思い、買ったものの自分で食べちゃいました。

ピーカンナッツダークチョコレートパイです。

チョコレートがおいしかったです。コクのある感じ。

 

キッシュとビールの晩酌

合わせて買ったキッシュを夕飯にしました。野菜のキッシュ。ビールと一緒に。

 

チョコレートのおみせ Mink Chocolates

バンクーバーのチョコレート屋さん

友人へのお土産を求めて立ち寄ったチョコレートのお店。

 

バンクーバーのチョコレート屋さん

買ったのはこの5種類のチョコレート。

名前がおしゃれですよね。左上なんて完全に名前買いです。ロミオとジュリエットですってよ!

種類がとにかくたくさんあったので、あとは店員さんのおすすめをチョイスしました。

Hot Chocolateは自分チョイスだったかな。普通のチョコレートが買いたかったんです。

 

まだ2種類しか食べてませんが、基本ビターめな味。

一つが6.50ドルで、全部同じ金額です。

 

あとは写真もなく手土産で友人に渡してしまったため、完全な備忘録として記すのみですが、

Bacon in Eggsという商品も買いました。10.95ドル。

ウズラの卵くらいの大きさで、ホワイトチョコとミルクチョコがマーブルでコーティングされているような見た目でしたが、ベーコン……?

 

Mink Chocolates

863 West Hastings Street, Vancouver, BC, Canada

五日目:ビクトリアへ向かうフェリーにていろいろ

フェリーターミナルのカフェ

バンクーバーからビクトリアまで4時間ほど。スカイトレイン・バス・フェリーを乗り継ぎます。

関連:バンクーバーからビクトリアへの格安な行き方【意外と簡単だった公共交通機関編】

関連:ビクトリアからバンクーバーへの移動手段。とにかく楽な直通バス。

 

朝食はフェリーに乗る前に、フェリーの待合室的なところでコーヒーとサモサを食べました。

フェリー内はとても大きくて、レストランも入っているんです。

帰りはそのフェリー内で夕飯にしました。

ビーフシチューとポテト

ビーフシチューとポテトです。ビーフシチューはお肉やジャガイモ(ポテトがかぶってしまいました……)、具材がゴロゴロでおいしかったです。

 

ビーフシチュー

尚、ビクトリアへは100パーセント友人に会うためだけに行ったので、観光0。

バンクーバーービクトリア間の移動については別記事を書きたいと思います。

 

書きました!

関連:バンクーバーからビクトリアへの格安な行き方【意外と簡単だった公共交通機関編】

関連:ビクトリアからバンクーバーへの移動手段。とにかく楽な直通バス。

 

WHS Beef Pie & ポテト:13.99ドル

TAX:0.70ドル

六日目:最後に再びの寿司ロール~白米編~

遅めの朝食は、例のスポーツバーでエッグベネディクトでした。

この日が例の殻入りバージョンですよ!

身体によさそうなジュース

バンクーバーのジュース

遅めの朝食&明日の飛行機が朝早いため、夕食は早めを狙います。

そのためお昼はとらず、ジュース片手に街をぶらつきました。

 

バンクーバーのジュース

 

Glory Juice Co

437 Davie Street Vancouver

最後は再びのお寿司ロール 白米バージョン

バンクーバーのジャパレス

またかよ! ってかんじですよね。

いやどうしても白米の、ワーホリ時代に食べたあのカナダ特有の巻きずしが食べたかったんですよ!

 

というわけで最後の夜はホテル近く、テイクアウトできる日本食のお店をチョイス。

寿司ロール

スパイシーサーモンとダイナマイトロール、何とかロール(ひどい)です。

スパイシーサーモンのなつかしさが半端なかったです。

サーモンと天かすみたいのと、スパイシーなソースが入ってるやつです。これこれ~ってかんじ。

 

お味噌汁はまぁ、インスタントかな、という感じ。

お昼抜きだったとしても一人で3本のロールはきつかったです。

味はまあまあです。個人的には自然やさんのほうがおいしかったかな(ただ玄米なんだもん……←しつこい)

 

あ、このお店でも玄米にすることができるみたいです。Brown rice可という記載がありました。

Yamato Sushi

616 Davie St, Vancouver

行きたかったけど行けなかったお店

ダウンタウンからは少し離れて、グランビルアイランドの向こう側にあるお店です。

トリップアドバイザーの口コミをみて行ってみたかったのですが、タイミングが合わず……次はきっと!

 

口コミで気になった内容をいくつかピックアップしますと、

・地ビールが豊富

・マフィンやパスタがおいしい

・エッグベネディクトがおいしい

 

地ビールが豊富…というのに最大に惹かれました……! おいしいビール飲みたい。

 

お店のホームページのメニューを見ると、

・ランチ

・ディナー

・土日のみのブランチ

と、時間帯で違いがあるようなので気をつけてくださいね。

エッグベネディクトは土日のブランチのみっぽいです。

 

Fable Restaurant

1944 West 4th Ave Vancouver

バンクーバーでの一人ごはんで感じたこと、注意点など

服装って大事!

一人フレンチでも同じこと思いましたが、服装って武器ですね。

知らない人へ良いイメージを与えるし、自分にも自信をくれます。

 

バンクーバーは大きな街で、ビジネスマン・ビジネスウーマンがたくさん歩いています。中心部なんて、東京の丸の内のような雰囲気です。

(同じダウンタウンでも新宿・歌舞伎町っぽいエリアもありましたが)

女性の服装もキレイめ&おしゃれ。

 

私はジャージっぽい楽な服、スニーカー or ビーチサンダルという服装だったので、より一層レストランに入りにくかったんです。ディナータイムは特に勇気が出ませんでしたね。

テイクアウトにかたよった要因の一つです。

 

移民の街だからアジア人は珍しくもなんともない。だから服装さえきちんとしておけば、街から浮くことはないと思います。

お店を訪問する時間

予約するなら問題ありませんが、しないのであればピークの時間は外した方がいいです。

夜なら早め、昼なら遅めで。

 

私は当日、早くても前日の夜に行くお店を考えていたので、予約はしませんでした。

なのでピーク時間を外してお店に行きました。

 

時間をずらすとお店も空いていて、気持ち的にもゆっくりできるんですよね。

混雑していると、早く食べて出なければと思っちゃったり、

ただでさえ英語でのコミュニケーションは緊張するのに、店員さんが忙しそうだと

(ききたいことがあるんだけど、……忙しそうだしまぁいっか……でもなぁ~)

などと緊張+もやもやを抱えることになり、倍疲れます。

 

余裕大事です!

大きい紙幣に注意(50ドル・100ドル紙幣)

50ドル・100ドル紙幣は、おつりがないと何度か言われました。

プーティンのお店では「10ドル」だったので、

50ドル紙幣でも大丈夫でしょ~20ドル紙幣2枚くらいあるでしょ~と思い、

50ドル紙幣を出したら「えっ!?」みたいな顔されました。(結局おつりくれましたが)

 

「100ドル紙幣でも大丈夫ですか~?」と聞いたら、No problem!と言ってもらえたお店もあったり。

その逆に「おつりがないよ」と言われたお店もありました。

 

日本の空港で両替すると大きな紙幣で渡されてしまうので、困りますよね。

ただお金はお金で、もちろん使えないわけではないので、到着したバンクーバーの空港などで使って崩してみるといいかもしれません。

おわりに

というわけでバンクーバー一人旅で食べたものをまとめました。

つい気楽なテイクアウトにかたよってしまいましたが、楽しかったですしおいしかったですよ。

でも次の機会があったら、もうちょっと外食してみようかと思います。

 

「おいしかったです」ばかりのつたないレポですが、バンクーバー一人旅を考えている方のお役に立てたらうれしいです!

あ、もちろん一人旅じゃない方にも参考にしていただけたらうれしいです!

 

バンクーバー一人旅で宿泊したホテルについても書きました。

関連:バンクーバー一人旅。便利な立地のハワードジョンソンホテル。

 

バンクーバーからビクトリアへ日帰りで行ったので、行き方をまとめました。

関連:バンクーバーからビクトリアへの格安な行き方【意外と簡単だった公共交通機関編】

関連:ビクトリアからバンクーバーへの移動手段。とにかく楽な直通バス。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA