子供が欲しいかわからない。30代半ば子なし専業主婦の迷いをさらしてみる。

妊娠しているお母さんのおなかに耳を当てる女の子

考え事をしている女性

この記事では、30代半ばに差し掛かっているものの、子供が欲しいかわからない専業主婦である私がぽつぽつとその迷いを書き綴っています。

 

「子供が欲しい」という人は周りにいるけど、「子供が欲しいかわからない」という人は周りに一人もいませんでした。

誰かに話すでもなく、自分の中で結論を出すこともなく、問題を先送りにしてきたのです。

 

今回この記事を書くために、心の中を整理してみたところ、

「どちらかといえば子供が欲しいと思っているのかもしれない」

との結論が出ましたが、まだ、まだ決断する勇気が持てないでいます。

子供が欲しいかわからないという悩みを抱えている人はその迷いを言語化してみることをおすすめします。

 

この記事は私の個人的な迷いを綴っているだけなので、あなたの「答え」はここにはないと思います。

でも子供が欲しいかわからないと悩んでいる人が他にもいるんだなと、少しの間だけでもほっとしていただけたらいいなと思います。

なんていいつつ、妊娠ってタイムリミットがあるから本当焦っちゃいますよねっ!!

 

子供が好きじゃない

下を出した男の子の人形

身もふたもないんですけど、そうなんです。そもそも子供がそんなに好きじゃないんです。

赤ちゃんをみれば、かわいいくらいは思いますけど、なんというか、別にそれだけです。

 

大人の集まりに連れてこられた子供や、育休中の人が会社に挨拶がてら連れてくる赤ちゃんを見ても、

「きゃ~~~かわいい~~~~!!! 抱っこさせてぇぇぇぇ!!」

みたいなテンションにはならないんですよね。

「かわいいねぇ(一応いわなきゃ。でもそれより)この間言ってたあれさ~~~」みたいになります。

赤ちゃんや子供より、私はあなたと話したいと思ってしまうんですよね。

(でもお母さんとしては子供を褒めてほしいんだろうなと、勝手に気をつかっちゃったり)

 

しょうもな……と自分でも思いますが、友達をめぐって友達の子供にやきもち(?)を焼いてしまったりもするんです。

友達が子供を産んだとたん、(しょうがないし当然なのはわかっているんですけど)子供中心になっちゃうのがさみしいんですよね。

最近は友達がひととおり子供を産んだので、さすがに慣れましたけどね。

(私のほうが君のお母さんと付き合い長いんだぞ! という謎の対抗心を燃やしたこともありました)

 

脱線しちゃいましたが、自分の子供は違うわよ、かわいいと思うよ、とみんな言うけどそうなんでしょうか。

未来を考えると不安になる

本を抱えてうつむく女性

夫と2人暮らし。

子供を持たないのであれば、この暮らしがずっと続きます。

 

親がいなくなったら、私の家族は夫しかいなくなります。

厳密には兄弟がいますけど、兄弟には兄弟の家族がいますからね。普段もそんなマメに連絡とりませんし。

 

そんなことを考えたら、子供いたほうがいいのかな、なんて思ってしまいました。

いやでも自分の将来が不安だから、子供産んどこってなんなの!? って感じですよね。

子供は親の面倒をみるために生まれてくるわけじゃありませんし、子供にそれを期待する親にもなりたくないです。

 

私も夫も自分の人生に必死

スタート準備をしている女性

これはもうその通りでして、私も夫も自分の人生に必死なんです。子供という家族が増える余裕がない、と思ってしまっているんですよね。

 

私は1年以内に、短期留学をしたいと考えています。それが終わるまではちょっと待ってという状態。

ストレングスファインダーで見事「慎重さ」の資質が一位だった夫も「今の状況じゃ子供なんて無理でしょ」とばっさり。

 

子育てなんてできる気がしない

頭を抱える男性

自分たちがまだ子供みたいな気がするんですよね。

Twitterで見かける親御さんの教育とか育て方とかのエピソードを見ると、自分にはとてもできそうにないと思っちゃいます。

 

でもみんな最初から、ちゃんと親やれそう! と思って産んでるわけでもないですよね、たぶん。

親だからって完璧なわけでもないのは、自分の親とか周りを見ていてもそうです。

完璧になるまで待ってたら、なんにもできないっていうのはブログでもなんでもそうですもんね。

産んでしまえば意外となんとかなるのかなとは思っています。

 

あと子供たちを常に心配しすぎて、気苦労がすごそう。

自分の子供時代を振り返っても、無事に育ちあがるって紙一重なところもありますよね。

ケガや犯罪に巻き込まれるのでは……という心配から、学校が始まれば担任の先生とのめぐり合わせやいじめ……あげだしたらきりがないくらい、心配の種はつきなそうです。

「母親」というステータスが欲しいだけでは

子供を抱っこする母親

子供がいる夫婦を羨ましく思うことがあります。

 

でもそれは子供が欲しいというより、単に「母親」というステータスを手に入れたいと思っているだけのような気もするんです。

無い物ねだりのような、隣の芝生は青いみたいな。

 

結婚する前、フェイスブックの「結婚しました!」報告や、年賀状の結婚式写真にもやっとしたのと同じ。(すみません、ひねくれてるんです…)

 

子供が欲しいと思ってるわけでもない。でも子持ちの人を見るとモヤモヤする。

矛盾していますよね。

だからそれって単に母親というステータスに憧れてるだけなのかなという自己分析です。

 

そして子育ての壮絶さをネット上などで見かけると「わーんやっぱりこの程度の興味しかない私が子供産むとか無理ぃ!」ってなりますわ……。

結婚したら子供を産むのが普通という価値観

眠っている赤ん坊

前の会社はずいぶん保守的な……お茶当番とかあるような古い体質の会社でしたので、籍を入れた途端、子供について触れられることもありました。

(入籍する前は「なんで結婚しないの?」攻撃もありました。うっさいですよね)

 

夫とは入籍してから2年ほど日本とカナダの遠距離夫婦だったので、「いや~今は離れて暮らしてるので……」とわかりやすい理由があったのでまだましでした。

まぁそれでも飲みの席でしつこく絡まれて、泣きながら激ギレしたこともありましたよ。

欲しいか欲しくないか本人にも微妙なところをデリカシーなく赤の他人がふみこんでくるなー!! ですよ。

 

30代半ばともなれば、結婚した友達も全員子供産んでいます。(私の友達の数が少ないんですけど)

2人目に突入している友達もいますし。

 

結婚→子供という流れは同年代の友人たちの中にもナチュラルにインプットされているみたいで、今回夫と同居するための引っ越しでは、

「子づくりも頑張れよー」とさらりと言われたりもしました。

出産した前の会社の同僚に「おめでとう」とメッセージを送ったら「ありがとう。次はイシノさんの番だね」と言われたり。

 

友達にも「子供産まない」と言っている人はいませんでしたし、結婚したら子供を産むのは「普通」のことなんですよね。

(もちろん、私が子供を産まないと決めて話したら、ちゃんと受け止めてくれる友達ばかりだと思います。ただなんにも言わないと、結婚→子供の流れが普通だと思っているということです)

 

学生の時は全然子供好きじゃなかったのに、出産したら子供大好きになって、結婚はもういいけど子供はもう一人欲しいと言っているバツイチの友人。

不妊治療の末無事出産した友人。

 

「子どもが欲しい」人しか周りにいないんですよね。

「子供が欲しいかわからない」という人は周りにいないんです。

でも経験してみたいと思う

妊娠しているお母さんのおなかに耳を当てる女の子

ここまで子供を持つことに消極的な面が多かったですが、妊娠・出産・子供と暮らすという経験をしてみたいとも思うんです。

 

今までやったことのないことを経験してみたいという好奇心。

 

お腹に赤ちゃんがいるって、どんな感じなんだろう

自分と夫の遺伝子を持って生まれてくる子ってどんな子なんだろう

どんな声でどんな性格の子なんだろう

 

自分と夫の遺伝子を持つ子供に会ってみたいなぁとも思うんです。

 

妊娠・出産も詳細を調べだすと痛そうだし怖くなっちゃいますけど、多くの人が乗り越えてますし、それは大丈夫ですよね?

 

子供を持っている友達はみんな子供を大切にしてるし、その彼らの子供たちはいつだって彼らの母親が1番大好きで、そういう特別な存在ってどういうものなんでしょうね。それも知ってみたい。

(ここで母親に限定したのは、単に父親の男友達がいないからで他意はないです)

 

でもやっぱり子育ての大変さを垣間見ると、(あわわ……私にはやっぱり無理ぃ!!)ってなりますけど。

 

あと、両親もすごい喜ぶだろうなというのもあります。

後悔するのが怖い

湖のほとりで膝を抱えている女性

妊娠にはタイムリミットがあります。

私はもう30代半ば。35歳を過ぎると妊娠しにくくなるとも言いますよね。私の今の年齢だと、最速で妊娠してももう高齢出産です。

産みたいのなら悩んでる暇なんてないし、そもそも夫婦ともに妊娠できる身体かもわかりません。

 

今の夫婦二人の暮らしが楽しくて、子供が欲しいかわからないからと決断を伸ばして、気がついたらもう産めない年齢になって。

その時に(ああ、やっぱり子供欲しかったなぁ)と後悔することが怖いです。

 

終わりに:とりあえずの結論。子供に興味はある、みたい。

子供が欲しくない理由はいくらでも湧いてくるんです。

でも「じゃあ持たない」と決めることができません。

それは勝手なことだとは思うけど、将来が不安だったり、10年20年後に後悔するかもしれないことが怖いから。

そして、心の底では「産んでみたい」と思っているから、という気がしてきました。この記事を書いていたら。

 

産んでみたい、と思っているけど「今の状況じゃ子供どころじゃない」と言っていた夫が今はどう考えているのか。

話してみようかな。夫としてはどういう状況になったら「子供をもとう」と思えるのか。

一人じゃ子供は産めませんからねー。

夫とゆっくり話してみるのが最初の一歩でしょうか。それと検査、ですよね。うーん。

 

今回の記事はいつにもまして個人的なものでした。

それなのに最後まで読んだ下さった方、ありがとうございました! お互い、後悔しない決断ができますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA